経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

AI(人工知能)時代に求められるスキル・能力調査 重要なのは「対人関係力」と「創造力」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界で人材サービスを展開するアデコグループの日本法人、アデコ株式会社が、2017年4月に実施した「AI(人工知能)時代に求められるスキル・能力」についての調査結果を発表した。調査は、首都圏の上場企業で働いている40代、50代の管理職(部長職・課長職)を対象に行われ、309人から回答を得ている。日本の管理職たちは、仕事におけるAIの活用をどのように見ているのだろうか。調査結果から紐解いてみよう。

AIへの期待は高い

 人工知能が社会に浸透するというと、「人間の仕事が奪われ、失業者が増えるのでは」と懸念する声もあるが、今回の調査結果を見ると、企業で働く管理職の人たちがAIに寄せる期待は意外にも高いことがわかる。
 AIに対してどのように思うかの質問に対して、「とても期待している」「どちらかといえば期待している」と回答した人が合わせて88.7%にのぼり、「とても脅威に感じる」「どちらかといえば脅威に感じる」という声を圧倒している。
AIへの期待は高い

 また、AIの普及が進むと、日本の雇用にどのような影響があると思うかを尋ねた質問では、「労働時間の短縮」(58.9%)や「業務の効率化・生産性の向上」(56.3%)などの前向きな意見が、「失業率が上がる」(12.3%)という悲観的な見方を大きく上回る結果となっている。

 AIに任せてみたい仕事については、「データ処理業務」(67.6%)、「データ分析」(63.4%)、「情報リサーチ」(43.4%)が上位に挙がっていて、職場にAIが導入されれば、「既存の仕事の効率化、生産性が向上する」(48.2%)、「既存の仕事の質が向上する」(31.4%)などと見られているようだ。
 つまり、重要だが取扱いにおける人間の負担が大きく、AIが得意そうなデータを扱う業務に人工知能を導入することで、仕事の効率が上がると期待する声が多いようである。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら