経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

ミドルの異業種転職、活発傾向に。求められる専門知識とスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 転職求人サイト「ミドルの転職」(エン・ジャパン株式会社運営)で行われた転職コンサルタントへのアンケート結果によると、「ミドルの異業種転職を実現した人がいる」と回答したコンサルタントは59%に達し、2015年の同調査から3ポイント上昇した。近年のミドル異業種転職者は増加傾向にあり、ミドル層でも積極的な雇用の流動がみられる。

ミドルの異業種転職への需要、企業サイドの事情

 同アンケート結果によると、転職実現者の業種は1位がメーカー(68%)、2位に商社と流通・小売・サービス(45%)が同率で並ぶ。
ミドルの異業種転職への需要、企業サイドの事情

 異業種への転職が多い理由は、1位が「異なる業種でも業務内容の変わらない職種・ポジションでの採用が多いため(76%)」、2位が「新規事業に伴い、他業種の技術やスキルを獲得・活用するため(58%)」、3位の「イノベーションを生み出せる人材を必要としているため(56%)」となっている。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら