経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

ストレスフリーを実現させるオフィス環境とサテライトオフィス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ストレスフリーの職場環境はメンタルヘルス対策の有効手段

ストレスフリーの職場環境はメンタルヘルス対策の有効手段

 労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が2015年12月1日に施行され、従業員50人以上の事業所は社員のメンタルヘルス対策の強化が急務となっている。ストレスとはそもそも、外部から受けた時に生じる緊張状態のことを指しており、仕事だけが原因とは限らない。とはいえ、外回りが多い営業などを除き、職場にいる時間が最低でも8時間を占めるのだから、ストレスフリーの職場環境を目指すことがメンタルヘルス対策の有効な手段になることは間違いない。そこでメンタルヘルス対策に関連した市場として有望視されているのが、職場の雰囲気を和らげ、ストレスを軽減するストレスフリー・オフィスだ。具体的には、リラックスできるようなインテリアデザイン、社員が各自のスペースをパーソナライズ化できるような仕様、昼寝ができるリラックスルーム、体を動かしてストレスを発散できるジムの設置などが挙げられている。

リラックススペースがふんだんにあるグーグルの「L4」

 アメリカのITベンチャーのようにプレッシャーの大きい仕事が長時間続くような会社では、自宅よりもくつろげる、ストレスフリーのオフィス環境を提供しているところが多い。例えば、「L4」と呼ばれるgoogleのロンドンオフィスは、テレビゲームやビリヤードを楽しめる部屋、ソファでくつろぎなら休憩や仮眠ができる部屋、コーヒーブレイクのためのカフェなど、リラックスするためのスペースがふんだんに設けられている。しかも、壁や廊下、机など、随所に赤、青、イエローグリーンなどが使われており、オフィスというより、「遊びの空間」のように見えるほどだ。設計の目的は、高度に頭脳を使う社員たちのストレスを軽減させ、クリエイティビティを引きだすことにある。

Facebookの新社屋「MPK20」は一つの街

 一方、2015年春に完成したカリフォルニア州メンローパークのFacebook新オフィスは、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞した著名建築家フランク・ゲーリー氏が手がけることで、以前から話題になっていた。430,000平方フィート(およそ野球場8個)の広大な敷地に建てられた「MPK20」と呼ばれる社屋は、マーク・ザッカーバーグCEOの要望で、周囲の豊かな自然と調和し、目立ちすぎないように設計されている。だが、建物の中は天井が高く、前衛のアートだらけで、遊び心にあふれている。敷地内にレストランやカフェが9軒あり、社員は基本的に無料だ。そのほか、銀行、病院、床屋、ジム、音楽スタジオ、クリーニング屋、ゲームセンターまであるという。24時間オフィスにいても生活に不便のない環境が用意されているのだ。
 Facebookは2011年に設立されたマンハッタンにあるオフィスもフランク・ゲーリー氏に依頼している。こちらは元百貨店だったビルを使用しているので、キャンパスとか街というわけにはいかないが、広いカフェテリア、キッチンカウンター、少人数でランチをゆっくりとったり打合せに使えるドリンキングスペース、座り心地のいいソファがあるリラックスワークスペース、卓球台のある部屋、ガラス張りのミーティングルームなどがあり、アヴァンギャルドな雰囲気と居心地のよさを両立させている。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら