経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

2030年に有望な職業とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近未来の子供たちの65%は今ない職業についている

近未来の子供たちの65%は今ない職業についている

 1980年代に就職した人たちが、インターネットやスマートフォンが普及した社会をする想像できなかったように、将来どんな職業が有望かを予測するのはきわめて難しい。マッカーサー財団デジタルメディア&ラーニング・コンペティション共同ディレクターのキャシーN.ダビッドソンは、子供たちの65%はまだ存在していない職業につくだろうと語っている。また、アメリカン・エンタープライズ研究所での講演でビル・ゲイツは、20年以内に熟練したスキルを要求されない仕事は、ソフトウェアの自動化に置き換えられるだろうと予測した。

 2014年6月18日のエコノミストの記事『襲いくる波(The onrushing wave)』によれば、将来、消えてしまう可能性が高い職業はテレマーケティング、会計士・監査人、小売販売員、テクニカルライター、不動産業者だと言う。逆に、イギリスのキャリアに関するブログ“キャリア・アディクト(CareerAddict)”では、『まだ存在していない3つの仕事』という記事の中で、将来有望な職業として仮想通貨バンカー、クラウドファウンディング・スペシャリスト、人工知能クリエイターの3つをあげている。これらはどのような職業なのか考察してみた。

巨富を生むAIは最も有望な分野の一つ

仮想通貨バンカー(Cryptocurrency Banker)
 2009年に販売されたビットコインはメディアの注目を集めた。そのようにユーザが売ったり買ったりできるデジタルな仮想通貨が近い将来は市民権を得るはずだ。実際、 ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソンが設立した宇宙旅行ビジネスを行うヴァージン・ギャラクティック (Virgin Galactic) は、宇宙旅行への支払を仮想通貨でできるようにすると発表した。将来的には仮想通貨のスペシャリストのニーズが高まると思われる。

クラウドファウンディング・スペシャリスト(Crowdfunding Specialist)
 個人からお金を集めて発明家や企業などへ出資してもらうクラウドファウンディングは17世紀からあるコンセプトであり、決して新しいものではない。しかし、2009年にキックスターターのようなウェブサイトがスタートし、以前とは比べものにならないほど多くの聴衆と投資家を獲得するようになり、iPhoneと通信できるデジタル時計のPebble WatchやOuya(ウーヤー)ビデオゲーム機のような商品を生み出した。クラウドファウンディング・スペシャリストは、まだこの世に存在しない新たな商品の誕生のために、個人の投資家と発明家を結びつける役割を果たすだろう。

人工知能クリエイター(Artificial Intelligence Creator)
 いま社会を変革するようなAIの研究が水面下で進行している。アメリカではグーグルが2013年と2014年にAIの研究機関や企業を買収、フェイスブックも2014年にAI研究所を新設し、初代所長にAI研究の権威、ヤン・ルカン氏を招聘した。中国の大手検索エンジン業者「百度(バイドゥ)」も2014年、シリコンバレーにAI研究所を設立し、その初代所長にはグーグルを去ったアンドリュー・エン氏が就任した。各社ともAIの技術基盤である「機械学習」がビッグデータと結びついたとき、そこに大きなビジネス・チャンスがあると確信しているのだ。つまり、AIが生み出した機械やロボットは将来、我々の仕事を奪うことになるかもしれないが、AIの研究者なり、AIを使って商品やサービスを開発するAIクリエイターは、非常に有望な職業であることは間違いない。その証拠にいまスタンフォード大学で学生に一番人気のある講義は、コンピュータ科学部のアンドリュー・エン教授が担当する「機械学習(Machine Learning)」だ。


この続きは会員の方のみ閲覧いただけます。

会員の方はこのままお進みください。



お気に入りに登録

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら