経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

ビジネスモデルは定義するもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業のビジネスモデルは定義されているか

事業のビジネスモデルは定義されているか

「貴社のビジネスモデルはなんですか?」と聞かれたら、スラスラと答えられるだろうか? ビジネスモデルとは、事業構造を決める拠り所となるもので、「誰に、何を、どのように提供し、どこでどれだけ儲けるか」を定義したものだ。ビジネスモデルはある一定の条件や前提下で定義する。そして、事業に参画する全員が共通に理解することが重要だ。自分が受け持つプロセスが事業にどう影響を与えるかを認識する上での前提となるからだ。

ビジネスモデルを定義する、とは具体的に何をすることだろう。
「誰に、何を、どのように提供し、どこでどれだけ儲けるか」は、大きく以下4つの要素に分解することができる。

①顧客はだれか
 既存顧客が属する母集団など顕在化しているものだけでなく、潜在的な顧客を含むターゲット
②提供価値は何か
 ”なぜ対価を支払うのか”という顧客にとっての価値、需要を満たすもの、新たな需要を生むもの
③どんなプロセスで提供するのか
 調達、付加価値創造、顧客への提供に至るプロセス(仕組み、提供方法、各プレーヤーの役割、付加価値)
④どんな収益構造にするのか
 自社がどのプロセス、機能で儲けるか(付加価値を生み出すか)
 自社にとって、どのプロセス、機能、収益性が高いか(強みが生かせるか)

以上の観点で内容を決めていく作業がビジネスモデルを定義することだ。これら4要素はセットなので、モレがあると的確な結果が得られない。簡便化することなく、よくよく熟慮すべき作業なのだ。

ビジネスモデルが意味するもの

事業の利益は上記4要素(顧客、提供価値、プロセス、収益構造)の掛け算で生み出される。いずれか1つでも満たされない(ゼロかマイナスである)と全体としてプラスにならない(事業として成り立たない)。少なくとも競合と比べ同等レベルであることが求められる。

例)価値あるサービスであっても、対象顧客や提供プロセスを誤ると利益が上がらない
例)提供価値、顧客、提供プロセスが最適でも、どこで付加価値を回収する(儲ける)かの設計が足りないと利益を生まない
例)提供価値、収益構造、顧客は競合と同等であっても、提供プロセス(のみ)が優れている場合は事業競争力で勝る

事業としての意義であり、その事業目標を達成するための戦略基盤となるのがビジネスモデルである。さらに具体化していく過程で、バリューチェーンその他事業機能の戦略が決まる。そして、その戦略に即した「業務プロセスや組織・役割、仕組みや情報システムなど」の施策を構築していく。ビジネスモデルを定義しないと業務も組織・役割も仕組みも決まらないのである。

経営にとってビジネスモデルとはどのような存在か

事業創造にあたって、ビジネスモデルはその後の個別施策や実行フェーズを構築する上での基本設計図となる。言ってみれば経営とは、ビジネスモデルを創造し、評価し、環境に合わせて再定義することに他ならない。経営目標の達成は、このビジネスモデルの良し悪しに大きく依存する。

このように、事業目標を達成できるビジネスモデルを創造し、設計することが経営の大きなミッションである。ビジネスモデルはある一定条件下で定義されたものだから、外部環境が変わればビジネスモデルも変えていく必要がある。経営者は決算情報や各種レポートを受けて意思決定を行っているが、日常的に自社事業のビジネスモデル(基盤となる4要素)が外部環境とずれていないかを確認する習慣を持ちたい。


【事業価値向上パートナー・柴田隆博】

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら