経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者の6割以上が、副業人材の受け入れで「生産性・業績が向上した」と回答。専門性の高い外部人材がもたらす効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社あしたのチームは2020年12月21日、「副業人材の受け入れ」に関する意識調査の結果を発表した。調査期間は2020年12月10日~14日、自社で副業人材が働く、東京都在住の経営者110名より回答を得た。これにより、副業人材の受け入れに対する効果や課題が明らかとなった。

約7割が副業人材受け入れに前向き

副業人材の受け入れに対し、経営者はどのような意識を持っているのだろうか。はじめに、「副業を積極的に行っている人を、自社の副業人材として受け入れたいと思うか」を尋ねた。すると、「非常に受け入れたい」が18.3%、「受け入れたい」が50%と、合わせて7割弱が受け入れに肯定的であるとわかった。
約7割が副業人材受け入れに前向き

スキルや生産性が高い副業人材は、自社の事業拡大につながるか

次に、前設問で「非常に受け入れたい」、「受け入れたい」とした回答者に、その理由を挙げてもらうと、「副業者は多方面のスキルを持っている」が最多の50.7%で、半数以上が回答した。以下、「副業者は生産性が高いと考える」(38.7%)、「副業者は人脈が広く自社の事業機会拡大につながる」(37.3%)と続き、副業人材を高く評価していることがわかった。

他にも、「今後、多様な働き方が必須になる」、「技能スキルにより短時間で効率的に仕事がこなせる」などの声が寄せられた。
スキルや生産性が高い副業人材は、自社の事業拡大につながるか

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら