経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

個人M&Aの希望者、半数以上がコロナ禍で買収意欲が「高まった」と回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社スピードM&Aは2020年11月13日、M&Aや事業承継における「コロナ禍での買収意欲の変化」に関する調査結果を発表した。調査期間は2020年9~10月で、事業の譲受を希望する65名(買い手側)より回答を得た。これにより、コロナ禍での買収意欲の変化や希望業種、予算が明らかとなった。

「これまで買収の経験は無い」ものの、約9割が個人M&Aに挑戦したいと考えている

新型コロナウイルス感染症流行のなか、M&Aの譲り受け希望者(個人)の買収意欲に変化はあったのだろうか。

はじめに「買収経験の有無」を尋ねたところ、「あり」が11%だったのに対し、「なし」との回答は約9割の89%におよんだ。これまで経験のないことに挑戦しようとする、ビジネスパーソンの意向が示される結果となった。
「これまで買収の経験は無い」ものの、約9割が個人M&Aに挑戦したいと考えている

買収意欲はコロナ禍で追い風に

次に、「新型コロナの影響により、買収ニーズや買収意欲に変化はあったか」と尋ねると、「低下した」はわずか17%で、反対に「高まった」が54%と半数以上にのぼった。また、「変化なし」は29%となり、合計83%の回答者は、コロナ禍においても買収意欲が落ちていないことが明らかとなった。
買収意欲はコロナ禍で追い風に

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら