経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

コロナ禍の今だからこそ7割以上が「新たな出会いや人とのつながりを大切にしたい」と回答。「今年のビジネスの出会い」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sansan株式会社は2020年11月30日、「今年のビジネスの出会い」に関する調査結果を発表した。調査期間は2020年11月24~25日で、社外との打ち合わせ頻度が月1回以上ある20~50代の経営者、役員、会社員合計1,011名から回答を得た。これにより、新型コロナウイルス感染症拡大の状況下で、ビジネスパーソンの「新しい出会いや人とのつながり」の価値観がどう変化したのかが明らかとなった。

半数以上が新たな出会いの機会が減り、自身の仕事に影響あり

新型コロナウイルス感染症拡大は、ビジネスにおける新しい出会いや人とのつながりの価値にどのような影響を与えたのだろうか。はじめに、「実際またはオンラインを問わず、社外の初対面の人と出会う機会に変化があったか」を尋ねた。すると、「とても減った」が33.4%、「少し減った」が31.2%となり、合計64.6%が機会の減少を実感していることがわかった。
半数以上が新たな出会いの機会が減り、自身の仕事に影響あり

次に、「緊急事態宣言発令下での行動制限により新たな出会いが難しくなったことは、仕事に支障を与えたか」を尋ねた。その結果、「とてもそう思う」が17.4%、「そう思う」が37.1%で計54.5%となり、半数以上におよんだ。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら