経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

三菱ケミカルが管理職/管理職再雇用社員を対象に「キャリアチェンジ支援プログラム」を実施、希望者は退職一時金を特別加算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱ケミカル株式会社は2020年11月4日、管理職社員および管理職再雇用社員を対象に、キャリア支援施策として「キャリアチェンジ・サポート・プログラム」を行うと発表した。新たな体制構築に向け組織の再編成を行うとともに、社員自身が自己のキャリアを自律的に考える環境を作っていくという。

プログラムにより、管理職層の自律的キャリア支援を目指す

昨今の産業構造は、科学技術の発展や深刻化する社会課題により、急速に変化を遂げている。三菱ケミカルはこの変化に対応するべく、中長期の持続可能な成長の実現に向け、ポートフォリオトランスフォーメーションを促進。現在、新たな事業ポートフォリオに相応しい体制を目指し、組織や機能の再編を検討している。

さらに、人材の多様化や流動化、グローバル競争の激化といった環境変化を踏まえ、従業員一人ひとりの職責と成果による適正な評価や、主体的なキャリア形成を重視した新たな人事制度の導入を予定しているという。

このような状況を踏まえ、従来の組織体制や人事制度が大きく変わる中、自身の専門性や強みを社外で発揮することを希望する従業員に対し、自律的キャリア支援として「キャリアチェンジ・サポート・プログラム」を実施すると決定した。具体的には、退職一時金に特別加算を行うとともに特別賞与を支給し、さらに希望者にはキャリア支援会社によるサポートを実施するという。対象となるのは、2021年3月31日時点で満50歳以上、かつ勤続10年以上の管理職社員および管理職再雇用社員だ。募集期間は2020年12月1日~同年12月18日を予定。退職日は2021年3月末、4月末、5月末、6月末のいずれかから本人の選択が可能となっている。

昨今の働き方改革や新型コロナウイルス感染症の影響を受け、組織体制や人事制度を見直す企業や、新たな取り組みを行う企業もあるだろう。社員が自己のキャリアを主体的に考え組み立てていく意識を持てるよう、企業全体での意識改革が必要になりそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら