経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

ジャパネット、人事や経理など主要12部門を福岡へ移転。採用も強化し地方創生を図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ジャパネットホールディングスは2020年11月12日、福岡市を新たな主要拠点のひとつとするプロジェクト「JAPANET@FUKUOKA(ジャパネット・アット・フクオカ)」を立ち上げたと発表した。同社の主要機能を東京都から福岡県福岡市へ移転するとともに、中途採用強化も行っていくという。

「Withコロナに即した働き方」としてオフィスのあり方を見直し

ジャパネットでは、Withコロナにおける新しい働き方として、オフィスのあり方を見直した。コールセンターの拠点を分散化して自宅から近いオフィスに通勤可能としたり、徒歩通勤できる社員への手当制度の導入を行ったりするなど、新たな施策を行ってきた。

そして今回のプロジェクト「JAPANET@FUKUOKA」では、新規事業開発やクリエイティブなど、グループ会社の人事や経理部門を含む12部門を福岡市のオフィスに移転。加えて、中途採用を強化するにあたり、福岡県内を中心としたテレビCMや交通広告など、採用に特化した広告展開を開始する。増員見込み人数は、新規採用者を含め約160名だ。福岡県に新たな雇用を生み出すことで、創業の地である長崎とともに「九州から全国へ」と、新サービスやスポーツ、地方創生の取り組みを広げていきたいという。

働き方改革や新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、縮小や移転などオフィスのあり方を見直した企業もあるだろう。従業員の働きやすさが注目されるようになったいま、自社での働き方や働きやすさを踏まえ、現状を見直してみてはいかがだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら