経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

企業間取引時の信用調査業務を効率的に行うシステムで可否診断を支援、日立ソリューションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日立ソリューションズ・クリエイトは2020年11月5日、取引可否の判断を支援する「企業信用調査支援システム」の販売を開始した。同システムでは、企業間取引の際に行われる対象企業の信用調査業務において、商業・法人登記情報とインターネット上の情報をもとに、対象企業に関する情報を効率的に抽出することができるという。

システムの活用によりビジネスの加速を支援

昨今の社会情勢は変化が激しく、企業におけるビジネスリスクも変化、または増大しているといえるだろう。そのようななか、企業が健全にビジネスを展開していくには、リスクを十分に把握し、管理していくことが重要だ。そのため、企業が新たな取引を検討する際には、コンプライアンスやCSRの観点から信用調査を行い、取引の可否判断を行うことが欠かせない。

しかし企業の形態は、会社分割や吸収合併、移転などにより変化していることが多く、担当者によるインターネットや新聞記事の情報収集だけでは、情報に偏りが出てしまうのが現状だ。また、調査会社への依頼は手間や時間、コストがかかるため、ビジネスの足かせとなる場合もある。以上のことから、企業間取引の調査では「健全性」と「スピード」の両立が課題になるといえる。

そこで日立ソリューションズ・クリエイトでは、企業間取引における信用調査のスピード感と正確性向上を狙い、「企業信用調査支援システム」の提供を発表した。本システムは「商号」、「役員氏名」などの登記情報をもとに会社情報を過去まで遡って抽出、会社分割や吸収合併などがあった際にも、正確な情報を収集可能だ。また、「コンプライアンス」や「CSR」などの関連キーワードとともに検索することで、過去の問題の有無なども確認できるという。さらに、CVSファイルへの出力により、既存の調査システムとの連携も行える。同社は、本サービスの提供により、取引時の「健全性」ならびに「スピード」の実現に貢献していく考えだ。

企業間で取引を行う際は、ビジネスリスクの程度をあらかじめ把握し、それに応じた判断が求められる。健全かつスピード感を持ってビジネスを進めていくには、企業選定時における情報の見極め方法が重要になるだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら