経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

約6割の経営者がWithコロナ時代の課題に、「チームワーク」と回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有限会社エッセンシャルエデュケーションセンターは2020年10月29日、「コロナ禍において組織が抱える課題」に関する調査結果を発表した。調査期間は2020年10月19~21日。外部講師や外部企業を活用して社内研修や新卒研修を行っている経営者、もしくは研修の導入を検討している経営者、計111名から回答を得た。これにより、コロナ禍において、組織が社員に求める力や抱えている課題などが明らかとなった。

Withコロナで社員に求める能力は「チームワーク」が最多

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、企業における人材(社員)の重要性が高まったと感じている経営者も多いだろう。はじめに、「Withコロナ時代を乗り越えるにあたり、社員に身に付けて欲しい力」を尋ねた。その結果、「周りと協力する力(チームワーク)」が66.7%と最も多い結果に。以下、「業務遂行力」が54.1%、「多様性を理解する力」が51.4%と続いた。社員の能力やチームワークが、より事業に影響を与えると感じている経営者が多いことがうかがえる。
Withコロナで社員に求める能力は「チームワーク」が最多

チームワーク向上のための教育は約4割の企業で不十分

続いて、「自社の社員に対し、チームワークを高めるための十分な教育を行っているか」と尋ねると、「あまり行えていない」」は35.1%、「全く行えていない」が9%という結果に。チームワークの大切さを感じる一方で、約4割の企業ではチーム力向上に向けた教育を行えていないという現状が明らかとなった。
チームワーク向上のための教育は約4割の企業で不十分

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら