経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

Withコロナ/Afterコロナは、テレワークと出社を組み合わせる「ハイブリッドワーク」が生産性向上の鍵となるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社は2020年9月29日、「テレワークに関する意識・実態調査」の結果を発表した。調査期間は2020年9月12~13日で、一般社員210名と部下のいる管理職190名の計400名から回答を得た。これにより、在宅勤務者と管理職が感じているテレワークの現状が明らかとなった。

約8割が「効率的な仕事ができている」と回答

新型コロナウイルス感染症対策によりテレワークが広く普及した今、ビジネスパーソンの働き方はどのように変わったのだろうか。

はじめに、「現状、効率的な仕事ができていると感じているか」を尋ねた。すると、テレワークと出社を組み合わせた働き方である「ハイブリッドワーク(出社2~3日)」をしている人は、「とてもあてはまる」が12.3%、「ややあてはまる」が64.6%となり、合計76.9%の人が「効率的に働けている」と回答。「ほぼ在宅勤務(出社0~1日)」(合計76.4%)や「ほぼ出社(出社4~5日)」(合計72.9%)よりもやや上回った。
約8割が「効率的な仕事ができている」と回答

ハイブリッドな働き方をする人の方が、愛社精神をより強く感じている

次に、「会社に対して愛着や信頼を感じているか」を尋ねた。ハイブリッドワークの人では「とてもあてはまる」が15.4%、「ややあてはまる」が56.9%と、合計72.3%が会社に対して愛着や信頼を寄せていることがわかった。一方で、ほぼ在宅勤務で働く人の回答は、「とてもあてはまる」が21.6%、「ややあてはまる」が29.4%と合計51%にとどまり、3つの勤務スタイルの中で最も低い結果となった。
ハイブリッドな働き方をする人の方が、愛社精神をより強く感じている

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら