経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「マネジメントに対する人事担当者と管理職層の意識調査」を実施。管理職の負担が増え、支援は不足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(以下、RMS)は2020年8月25日、「マネジメントに対する人事担当者と管理職層の意識調査」の結果を発表した。調査時期は2020年1月、企業の人事担当者と管理職(マネージャー・課長・部長)それぞれ150名から回答を得た。これにより、人事担当者と管理職層のそれぞれが抱く、マネジメント業務に対する認識の違いが明らかとなった。

組織運営には多くの「課題」がのしかかる

ビジネス環境の変化により、マネージャー・課長・部長といった管理職層の業務は難易度を増すばかりだ。同時に、業務負荷の蓄積により、組織マネジメントを管理職層のみが担うことは難しくなってきているといえるだろう。

その要因として、「社内外環境の変化」、「管理職本人の経験値」、「管理職にかけられる期待」の3つがあげられる。さらに、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策からテレワークを導入した企業もあり、追い打ちをかけるように「仕事の質」と「生活の質」の担保も求められるようになった。現在の管理職層には、常に多くの課題がのしかかっているといえる。
管理職の負荷は高まる一方で、上層部の意識には差が

管理職の負荷は高まる一方で、上層部の意識には差が

そこで、RMSは人事担当者と管理職それぞれに対して調査を実施した。はじめに、会社の組織課題の例をあげて、それぞれが「会社の組織課題」、「会社の3~5年先を考えた際、人や組織に関わる取り組み課題のなかで重要度が高いもの」、「計画や方針に関わる人・組織の課題」としてどの程度当てはまるかの回答を得た。その結果、「よく当てはまる」もしくは「やや当てはまる」が最も多かった回答は、管理職層では「ミドルマネジメント層の負担が過重になっている」で68.7%、人事担当者では「次世代の経営を担う人材が育っていない」で78.7%という結果に。管理職はミドルマネジメント層の負担を1位にあげているのに対し、人事担当者は、次世代の経営担当者や中堅社員の定着が気になるようだ。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら