経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業のテレワーク導入率が2020年3月調査時より増加、BCP対策にも強い関心を示す(デル テクノロジーズ調査)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デル テクノロジーズが日本で事業を展開するデル株式会社とEMCジャパン株式会社は、テレワークに関する調査結果を2020年7月29日に発表した。調査期間は2020年7月3日~7日。全国の中小企業(従業員1~99人)の経営者およびIT担当者1,072名から回答を得た。この結果から、2020年3月に実施した調査結果よりテレワークの導入率が増加していることや、IT関連事項の関心度は「BCP(事業継続性)対策」がトップであることが明らかとなった。

中小企業のテレワークの導入率は、2020年3月の調査時より23%増加

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う「外出自粛期間」を経て、企業のテレワークの状況はどのように変化しているのだろうか。はじめに、勤務先でのテレワークの導入率を尋ねた。その結果、「導入している」と回答したのは36%と、2020年の3月に実施した調査の13%から、23%増加していることが判明した。
中小企業のテレワークの導入率は、2020年3月の調査時より23%増加

また、前回調査と比べ、「導入しておらず、検討もしていない」との回答が73%から47.2%と約30%も減少しており、テレワーク導入への意向が高まっていることが明らかとなった。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら