経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

アサヒグループが経営基盤強化へ、サステナビリティ推進のため基本方針・ビジョンを策定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アサヒグループホールディングス株式会社は2020年7月6日、アサヒグループ全体で持続可能な経営に向けたさらなる取り組みをおこなうとし、新たな基本方針・ビジョンを策定。併せてマテリアリティ(重要課題)と推進体制の見直しを発表した。これにより、ビジネスモデル、成長戦略、事業活動の全てにおいて基盤を強化し、企業の持続可能性をより意識していくという。

サステナビリティ推進のため、基本方針とビジョンを新規策定

アサヒグループが新たに策定したサステナビリティ基本方針は、「グループ内の商品やサービスは、自然の恵みを使い、それを後世につなぐために自然を守ること」、「自社商品・サービスを通じたよりよい生活文化継承のため、持続可能な社会を形成すること」の2つだ。

また、基本方針に沿い、経営戦略に「環境」、「人」、「コミュニティ」、「健康」、「責任ある飲酒」を組み込んだ。これにより、事業を展開する全地域で、将来に向けたさらなる価値を創り出していく。また、この取り組みを通して国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に貢献し、挑戦と革新を続けていくとのことだ。

アサヒグループでは、グループ理念に「全てのステークホルダーとの共創による企業価値向上」を、中期経営方針には「ESGへの取り組みの深化」を掲げている。サステナビリティに取り組む重要性や目指す姿を明確にすることで、グループ・グローバルでのサステナビリティ推進を加速させ、グループ理念や中期経営方針の実現をはかりたい考えだ。

方針やビジョン設定にともない、マテリアリティ(重要課題)も再設定

基本方針とビジョンに合わせて、マテリアリティに「コミュニティ」、「健康」を追加し再定義。そのうち「環境」、「責任ある飲酒」においては新たに目標やスローガンを策定した。
方針やビジョン設定にともない、マテリアリティ(重要課題)も再設定

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら