経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

コロナ禍で多くの企業が経営戦略の見直しに着手。エクサウィザーズによる新型コロナに関するアンケート結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な分野の企業に向けてシステム開発を手掛ける株式会社エクサウィザーズは、2020年5月8日、自社運営のコミュニティ「exaCommunity」のオンラインAIセミナーの参加者を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に関するアンケートを実施。企業290社、411名から回答を得た。その結果から、コロナ禍による企業への莫大な影響とともに、リモートワークの対応や経営戦略の見直しなど、事業変革の取り組みに対し、企業ごとにあらゆる違いが出始めていることがわかった。

67%の企業で売上高2割~4割減。特に小売と物流で大きな打撃

エクサウィザーズは、これまでにもコロナに関するアンケートをおこなっているが、今回のアンケートは、大企業、中小企業含めた290社を対象に、部門は事業部門やDX部門を中心、役職は部門担当者から経営者までと、調査対象をさらに拡大しておこなった。

まず「会社業績(売上)へのコロナの影響は感覚的に何%くらいか」と質問をした。その結果、「影響なし」と回答したのは全体のわずか17%だった。一方で、売上高が「2割減」から「4割減」といった回答は全体の67%を占めており、多くの企業で影響を体感したことがうかがえる。業種別に見てみると「小売業」、「物流・運輸業」で売上高が「8割減」と大幅に落ちているのがわかる。
67%の企業で売上高2割~4割減。特に小売と物流で大きな打撃

コロナ禍による影響をもっとも受けた業務は「営業活動」

次に、「コロナ禍による業務への影響はどの程度か」を尋ねると、「営業活動」では「やや遅延」が41%、「大きく遅延」が50%、あわせて91%が遅延を実感しており、どの企業でも「営業活動」をおこなえない状況にあったといえる。一方で「商品開発」や「社内業務」では影響はあるものの、「やや遅延」との回答が多く、「営業活動」の回答に比べて大幅な遅延は少ないことがわかった。

コロナ禍による影響をもっとも受けた業務は「営業活動」

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら