経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営層の9割超が感染症に対応したBCP策定が必要と認識。コロナ渦などの緊急時に求められる対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社エイトレッドは2020年5月、同社が運営する「ワークフロー総研」を通じて、感染症とBCP(事業継続計画)について調査し、その結果を発表した。対象はBCPを策定している企業の経営者・役員385名、調査期間は2020年4月27日~5月7日で、新型コロナウイルス感染症拡大により全国が緊急事態宣言下に置かれていた期間とほぼ重なる。本調査結果から、感染症などの緊急事態に対応するために、どういった点を整備したらよいかを探る。

経営者はBCP策定の重要性をどう認識しているのか

まず、「新型コロナウイルスのような感染症に対応して、BCP策定が必要だと思うか」を尋ねると、「とても必要」が53.2%、「必要」が42.6%と、実に経営者・役員の約95.8%が必要だと回答した。
経営者はBCP策定の重要性をどう認識しているのか

経営の迅速な意志決定にはワークフローのシステム化が必要

次に、上記で「BCP策定が必要」と回答した369名に対し、「BCP策定にあたって経営の迅速な意思決定を実現するため、ワークフローのシステム化は必要だと思うか」と聞いた。「とても必要」が39.8%、「必要」が48.2%となり、合わせると9割近い経営者・役員がワークフローのシステム化が必要であると回答した。
経営の迅速な意志決定にはワークフローのシステム化が必要

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら