経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

テレワーク下のWEB会議について日米調査を実施、日本はアメリカに比べて不慣れなものの継続には意欲的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リサーチ・コンサルティングをおこなう株式会社J.D.パワージャパンは2020年4月、米国の本社と共同で実施した「テレワーク下におけるWEB会議利用に関する日米調査」の結果を公表した。対象は1週間以内に仕事でWEB会議システムを利用した男女(日本は477名、アメリカは1,223名)で、期間は日本が4月17日~4月20日、アメリカが4月8日~9日。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、現在多くの企業でテレワーク(リモートワーク)が実施されている。そこで同社では、日米両国でWEB会議システムの利用状況などを調査し、その結果を比較している。

利用しているWEB会議システム、アメリカではZoomが突出

まず、直近最も利用したWEB会議システムについて聞いたところ、日本では「Zoom」が30%と最多であったものの、「Skype」(25%)、「Microsoft Teams」(16%)とMicrosoft社が提供するWEB会議システムが合計で41%となり、Zoom社とMicrosoft社が2強であることがわかった。一方、アメリカでは「Zoom」が48%と突出して多く、Microsoft社が提供する「Microsoft Teams」(12%)と「Skype」(9%)は合わせて21%と、両者の間には大きな差があることが明らかとなった。
利用しているWEB会議システム、アメリカではZoomが突出

利用端末は日米とも「パソコン」が最多

続いて、WEB会議をおこなう際の利用端末について質問すると、日本とアメリカどちらも「パソコン」が70%前後で最多だった。次いで、「スマートフォン」、「タブレット」という順番となったが、割合は日米とも10%前後であることから、パソコンの利用が圧倒的であることが見て取れる。

また、利用しているマイクについては「内蔵マイク・スピーカー」が両国とも最も多く(日本63%、アメリカ71%)、「ヘッドセット」はどちらも25%程度にとどまっている。
利用端末は日米とも「パソコン」が最多

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら