経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

東北大学と中小企業基盤整備機構が業務連携の強化を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)は、2020年2月、東北大学と2017年2月に締結した「組織的連携協定」の有効期間を延長する協定を締結したと発表。今後、さらなる連携強化の取り組みとして、新たに3つの連携事業を実施していくとしている。

産学連携で実施する、経営課題解決のための3つの新事業

中小企業基盤整備機構(中小機構)と東北大学は、組織的連携協定の延長締結を機に、更なる連携強化をはかるための新事業計画を発表した。新たにスタートする事業は、以下の3つ。

(1)東北大学発ベンチャーなどの経営課題解決に向けた「専用相談窓口」の設置
中小機構は、東北大学発のベンチャー企業や産学連携をおこなう地域中小企業が抱える「経営の安定化」や「販路開拓」などの経営課題に対して、専門家によるアドバイスと支援メニューを提供するという。一方の東北大学は、大学発ベンチャー企業が抱える課題を把握し、専用窓口につなぐ役割を担う。このほか、東北大学スタートアップガレージが支援するプレベンチャーに対しても、専用相談窓口を通じたアドバイス支援を実施するとしている。

(2)「地域産業支援アドバイザー制度」の支援企業に対し、連携支援を実施
東北大学が「地域企業のイノベーション創出」を目的に実施している「地域産業支援アドバイザー制度」の連携をより一層強化し、同大学の強みである「技術課題解決」と中小機構の強みである「経営課題解決」を組み合わせた企業支援を実施するとしている。

(3)「J-GoodTech」での専用サイト設置
東北大学の各研究室が掲載する「技術シーズ」や「共同研究ニーズ」などの情報を、中小機構が運営するビジネスマッチングサイト「J-GoodTech」の会員が閲覧できるよう、専用サイトを設置する。このほか、「J-GoodTech」のサイト上で、東北大学の研究室と中小企業の直接的なコミュニケーション実現もはかるという。

こうした産学連携の取り組みには、「大学の活性化」や「社会の発展」といった効果が期待できる。今後もさまざまな分野で、産学連携の充実・強化が求められていくだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら