経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

4割以上の企業がIT製品・サービス導入に失敗を経験。「口コミ」が影響か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT製品のレビュープラットフォームを運営するアイティクラウド株式会社は、2020年2月、「ビジネス用ソフトウエア・クラウドサービス導入に関する調査」の結果を公表した。調査対象は、全国20歳以上の男女300人。導入しているIT製品・サービスの内容や失敗経験、製品選定の際に影響を与えるコンテンツなど、IT製品・サービスの導入に関する実態が明らかになった。

約8割の企業がIT製品・サービスの導入を検討。リモートワーク推進に関するツールに関心が高まる

最初に、勤め先の企業で導入を検討しているIT製品・サービスの種類について聞いたところ、「現在具体的に検討していない」という回答は約2割にとどまった。このことから、約8割がIT製品・サービスの導入を検討していることが分かる。検討しているものとして最も多くの回答が集まったのは「グループウェア」と「オンライン会議」で、いずれも31%だった。次いで「コンテンツ管理系」が28%だったことから、リモートワークの推進を目的としたツールの導入を検討する企業が多いことがうかがえる。
約8割の企業がIT製品・サービスの導入を検討。リモートワーク推進に関するツールに関心が高まる

「業務の効率化」を目的としてIT製品・サービスを導入を検討する企業が多い

次に、IT製品・サービスの導入を検討している理由を聞くと、「余分な作業工数を削除するため」が50.7%で最多となった。次いで「営業効率を高め、売上拡大に繋げるため」が45.3%となり、主に「業務の効率化」をはかるためにIT製品・サービスの導入を検討している企業が多いことがわかった。
「業務の効率化」を目的としてIT製品・サービスを導入を検討する企業が多い

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら