経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業のAI活用実態は? 日本政策金融公庫総合研究所が調査レポートを発行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本政策金融公庫総合研究所が中小企業のAI活用実態調査のレポートを発行

日本政策金融公庫総合研究所が中小企業のAI活用実態調査のレポートを発行

日本政策金融公庫総合研究所は2019年12月、日本公庫総研レポート「中小企業でも始まる AIの活用」を発行した。AIの導入に取り組んだ中小企業へのインタビューから、AI活用による効果や、売上と利益への影響などが明らかになった。

中小企業が抱える経営課題とAI導入の実情

日本では「少子高齢化による人口減少」や「世界における経済的地位の低下」の影響で、企業は「生産性の低さ」、「労働力不足」、「技術、技能継承問題」など多くの課題を抱える状況となっている。とくに経営資源に限りがある中小企業の経営者は、より深刻な状況に直面しているだろう。このような経営課題の解決にAIの活用が期待されているが、導入の現状はどうだろうか。

このレポートによると、2017年時点での中小企業におけるAIの認知・活用状況について、「すでに活用している」と答えた中小企業はわずか1.2%に留まっている、と指摘している。ノウハウや人材が不足している影響により、中小企業でのAI導入事例や活用実績はまだ多くはないようだ。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら