経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

30代~40代の金銭事情、貯蓄額は減少傾向 ― SMBCコンシューマーファイナンス調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SMBCコンシューマーファイナンスは2019年3月6日、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」の結果を発表した。調査期間は2019年1月7日~9日。調査対象は30歳から49歳の男女。有効サンプル数は1000名。

このアンケートでは貯蓄額や消費に対する考え方、収入などについて聞いている。まず、毎月自由に使える金額、つまり小遣いについて聞いたところ、全回答者平均で3万532円となった。昨年の調査では3万272円だったので、微増ということになる。

家族構成別に調べると、未婚者は3万8674円、子供がいない既婚者は2万8565円、子供がいる既婚者は2万2096円という結果になった。年代別に見ると30代が3万786円(昨年は3万396円)で、40代が3万278円(昨年は3万148円)と、それぞれ昨年に比べて微増となっている。

そして、全回答者を対象に現時点での貯蓄額を聞いたところ、「0円」が23.1%となった。昨年の調査では17.1%だったので、貯蓄ゼロの30代、40代が急増したことになる。また、貯蓄額の調整平均(貯蓄額が数千万円、数億円など、極端な値の影響を除外するために、上位10%と下位10%の回答を除外して算出した値)は195万円となり、昨年の247万円から50万円ほど下がった。

年代ごとに貯蓄額の調整平均を算出すると、30代が194万円(昨年は198万円)、40代が196万円(昨年は316万円)となり、40代が貯蓄額を大きく減らしていることが分かった。SMBCコンシューマーファイナンスはこの結果を受けて、貯蓄に充てるはずの金銭を消費に回してしまった人が増えたのではないかと推測している。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら