経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

企業に合っている人材ほど、自社からの評価が見えない ― ミライセルフ調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミライセルフは2019年1月30日、「社風との相性に関する分析」の結果を発表した。この調査は、ミライセルフが提供している企業と個人の適性をアンケートから診断する「mitsucari適性検査」の結果と、AI(人工知能)が判定した各企業の社風の相関関係を検証するために実施したという。調査対象は、mitsucari適性検査を導入している2000社以上の企業と、そこで働く従業員。

まず、従業員に「現在勤めている会社の文化に、自分自身が合っていると思うか」と「現在勤めている会社が自分自身を高く評価していると思うか」という質問の結果をまとめると、「自分自身が会社の文化に合っている」と考える人ほど、「会社が自分自身を高く評価している」と思う傾向があることが判明した。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら