経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業の2018冬賞与は4年連続で「増額」が「減額」を上回るも、約4割は「景気回復を感じない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エン・ジャパンは2018年10〜11月、自社が運営するサイト『人事のミカタ』を利用しており、従業員数299名以下の企業の人事担当者を対象に「2018年 冬季賞与」に関するアンケート調査を実施し、同年12月12日に結果を公表した。(有効回答数:451社)

昨年(2017年)と比較して支給額が「増額予定」なのは31%、「変わらない予定」が59%、「減額予定」が10%であった。過去4年の結果は下記のグラフのとおり。


『昨年(2017年)の冬季賞与支給額と比較して、今年の支給予定額に変動はありますか?』

2015年の調査時からの傾向を見ると、4年連続で増額予定の企業が減額予定の企業を上回っていた。

業種別に見ると、「増額予定」と回答した割合が高い業種トップ3は、「商社」(40%)、「流通・小売関連」(36%)、「メーカー」(34%)。

一方で、「減額予定」という回答が目立ったのは、「広告・出版・マスコミ関連(31%)」、「商社(15%)」であった。すべての結果は下記のグラフを参照いただきたい。


『昨年(2017年)の冬季賞与支給額と比較して、今年の支給予定額に変動はありますか?(業種別)』

増額する企業が、減額する企業よりも多かったことが分かった。気になるのはその理由だ。下記が複数回答で聞いた結果を集計したグラフで、顕著に回答が多かったのは「業績が好調」(73%)、「社員の意欲向上」(60%)であった。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら