経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

アクションラーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクションラーニングとは、グループで現実の問題や実際に起こりうる課題に対して、その解決策を立案・実施し、実際の行動とその振り返りを通じて個人やグループ、組織自体の力を向上させていくチーム学習法である。
 学習課題が既存のテキストにあるのではなく、組織の現実の問題を取り上げながらその解決策に対処していくことから、リーダー研修やマネジメント研修などの幹部候補育成などに取り入れられるようになった。その効果を高めるため、専門のトレーニングを積んだアクションラーニングコーチを介在させることもある。

 このアクションラーニングが注目されるようになった背景としては、組織の抱える問題が複雑化・多様化し、テキストによる研修ではまかないきれなくなったことや、変化の激しい時代において、それに適応できる人材や組織の育成が急務となっていること、また、そうした組織を率いるリーダーが求められていることなどが挙げられる。


 実践と振り返りを繰り返しながら行うアクションラーニングでは、従来の研修や学習を行った後に生じがちだった「理想と現実のギャップによるモチベーションの低下」「学んだことが即実戦の場に生かせない」といった問題を解消し、職場におけるコミュニケーション力の醸成、チームリーダーの育成につながるといったメリットが見込める。昨今では、アクションラーニングは、画期的な問題解決・人材開発の手法として、注目が集まっている。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら