経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

アライアンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アライアンス(alliance)とは、縁組、同盟、連合、提携などを意味する英語だが、ビジネスの領域では、複数の企業が互いに利益を得るために提携関係を結ぶことや、そのグループを指す言葉としてよく使われている。

 例えば、航空業界では、近年、全日空が参加する「スターアライアンス」、日本航空が参加する「ワンワールド」など、世界規模のエアライン・アライアンス(航空連合)が構築されており、同一アライアンス内の航空会社が、乗り継ぎ空港での手続きの簡略化、コードシェア便(共同運航便)やマイレージサービスの相互乗り入れなどを行っている。参加各社はアライアンスによって顧客獲得、コスト削減といったメリットを得られるわけだ。

 異なる強みを持つ企業が提携することで相乗効果を生み出すアライアンスは、限られた経営資源を有効活用し、業績向上を実現できる経営手法として期待が高い。M&Aの場合、複数の企業を1つの企業に統合するプロセスで、デューデリジェンスなどの調査に始まり、膨大な時間や費用がかかってしまうが、それに比べてスピーディーにコストを抑えて進めることができるのがアライアンスの利点。ただし、M&Aとは違い、独立した企業同士の緩やかな提携関係だけに、期待したほど相乗効果が出ない場合があることや、アライアンス解消時、相手企業に技術やノウハウが流出するリスクもあることには留意が必要だ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら