経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

コンピテンシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピテンシーとは、直訳すると「適格性」「能力」と言った意味である。人材育成の分野では、高い成果を出している社員に注目して行動特性等を分析し、その結果を「お手本」にして他の社員の行動を変え、業績向上を図ろうという仕組みをコンピテンシーと呼ぶことも多い。

 職種別に高い業績を上げる社員のレベルを顕在化し、誰が見ても分かるように、仕事に必要なレベルを示すコンピテンシーシートを作成し、これに基づいて人事考課や人材育成を行う。
 コンピテンシーを端的に表すキーワードは「客観性」や「○○○をいまやっている・できている」というもの。「彼なりに頑張った」や「好印象を与えている」といった抽象的な事象ではなく、実際に行っていることが成果に結びついているかどうか、が重要となる。

 コンピテンシーを人事評価に導入する場合は、本人評価・上司評価だけでなく、同僚や部下からの評価も含めた多面評価で行う方法もある。
 コンピテンシーは業種・業態・業務によって項目や内容が異なるので、人事コンサルティング会社では、ある程度汎用的に使える「コンピテンシー・モデル」を作成しているところもある。こうしたものを参考にしながら、自社の目指す姿を実現できるためのコンピテンシーシートを作っていくとよいだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら