経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

KFS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マーケットでビジネスに勝つためには、自社の優位性をいかに築くかが重要だ。KFS(Key Factor for Success)は、事業を成功させるために決定的なカギとなる要因、また、最も注力すべき課題を意味する経営用語。KSF(Key Success Factor)とも呼ばれ、主要成功要因、重要成功要因などと訳されている。似た用語にCSF(Critical Success Factor)というものもあるが、意味は同じ。例えば、外食業界では「立地」、石油業界では「調達」、化粧品業界では「広告・宣伝」が業界共通のKFSになるといったイメージだ。

 KFSを設定するのは、企業が目標達成に向けて活動していくときに、ヒト・モノ・カネといった限りある経営資源を最も効率よく投入するため。何が自社のKFSなのかは、事業特性の分析や、同じマーケットでどのような優位性を持つ企業が成功しているのか、ベストプラクティスを分析することで把握できる。ただし、KFSはビジネス環境の変化とともに移り変わっていくもので、不変ではない。持続的成功を収めるためには、KFSの変化にすばやく対応できることが必要だ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら