経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営トレンドワード

リバース・イノベーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リバース・イノベーションとは、新興国発の革新的な技術や、新興国市場を視野に入れて開発された製品やアイデアなどを、先進国に、いわば「逆(reverse=リバース)輸入」して全世界向けに広めていこうという考え方を指す。

 例えば、アメリカの企業が新興国向けに開発した格安医療機器が、ヨーロッパ市場で売上げを伸ばした。高額な医療機器には手が出にくい開業医らがこぞって購入したのだ。新興国向けに価格を抑えるため簡素化・軽量化したことが功を奏した。

 新興国では人々の購買力は低い。また、原材料が入手しにくく、製造するためのインフラも未整備な場合が多い。
 そうした市場では低価格で簡素な機能、高い耐久性を満たす製品を製造・販売することが企業にとって「至上命令」となる。

 発想・研究開発力・技術力を駆使し、いわば「ゼロ」の状態から生み出されるのがリバース・イノベーションだといえる。
 そうしたサービスや製品は機能性、価格ともにユニバーサルだ。この点が世界市場における新たな流れとして注目されているポイントだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら