経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営プロ編集部×最新トレンド

エディー・ジョーンズ 前ラグビー日本代表ヘッド・コーチに学ぶタレントマネジメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本中に「にわかラグビーファン」を産み出したラグビーワールドカップ2015イングランド大会。惜しくも一次リーグ敗退となったが、日本代表を初の1大会3勝へと導いたエディー・ジョーンズ前ヘッドコーチの功績は偉大だ。
オーストラリア人の父と日本人の母をもつジョーンズ氏。自身はラグビー大国オーストラリアで代表入りを目指したが叶わず、その後数々の監督歴を経て日本代表を指揮することとなった。4年前は弱小チームと言われた日本代表を、どうやって世界のトップチームに勝てるチームへと変貌させたのか。その手腕は、企業というチームを率いる経営者にとって参考になる。

 最初に行ったのは、日本代表チームの戦い方の指標、「JAPAN WAY」を作ったことだ。WAY(流儀)は、自社文化を定義するものとして企業でも取り入れられているが、ジョーンズ氏が日本代表を率いるのにまずWAYを作ったのは興味深い。
 「サッカーやラグビーの世界の有名チームは、その名を訊くと、誰もがそのチームの特長を言える。それが強いチームなのです。ラグビー日本代表は、といったとき、それが言える、哲学があることが大事だと思い、JAPAN WAYを作ったのです」。

 ジョーンズ氏によるJAPAN WAYとは「勇気をもって相手へアタックし、国の代表として誇りを持ってプレーすること」。体が小さい日本人が世界で最もフィジカルなスポーツといわれるラグビーで勝つには、「勝てない言い訳を探し出すより、勝利に繋がる長所(Winning Advantage)見出すべき」、さらに「日本人の強みは真面目で忍耐力があること。それは間違いなく世界一」と言う。その長所を捉えて、他の国の選手なら逃げだしてしまうほどの過酷な訓練を課した。体の大きさで劣る面を補って、パスをつないで常にボールを動かすスピード力をチームにもたらしたのだ。

 初戦の南アフリカに逆転トライで勝った試合はテレビで何度も放映されたので、見るたびに胸のすく思いをさせてもらった人も多いことだろう。ジョーンズ氏は選手たちの奮闘を称える一方で、「成功は偶然やってこない」という。勝利の要因は1年以上前に明確に打ち出していたゴール設定にあった。
 「南アフリカに勝つ」という高いゴール。その達成のために、練習を試合のどんな場合よりもきつい状況や最悪な状況にするようなメニューを作り出したのだ。そこに耐えてきたという自信によって、本番で力を発揮できるようになるという。それは身体的な強さを作るだけではない。どこの国よりもきつい練習をやりぬいた、やりきれる自分を知っていることがメンタルの強さにつながる。ジョーンズ氏は綿密なプランニングをして選手たちを心身ともに大きく、強く育成したのだ。
 WAYを確立し組織全体の方向性を打ち出す。次に明確なゴールを設定し、達成するための綿密なプランニングをする。そのプランを日々の練習に落とし込むときにジョーンズ氏が行ったのは、強みを伸ばして今ある資源を最大限活用することだ。一人ひとりの選手の性格を把握して、個性に応じて接し方を変える。長いコーチ歴のなかで、選手のパフォーマンスはラグビー以外のプライベートや家族などに、大きく影響されることを経験してきているから、選手が今どんな状況に居るのかを細かく見ているそうだ。そして褒めて伸ばすより、試練を与えて伸ばすやり方を貫いているのもエディー流。「日本チームを愛している」という一方で、「選手から愛されたいと思うことはない」とも語っている。嫌われ役でも何でも買ってでて、結果として選手たちに勝利を掴ませるのだ。


《次ページに続きます》

お気に入りに登録

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら