経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

おススメ書籍

ロビイングのバイブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ロビイングのバイブル』(株式会社ベクトル パブリックアフェアーズ事業部 著、藤井 敏彦 著、岩本 隆 著/プレジデント社)

 本書は、一般にイメージされてきた、かつての閉鎖的で不透明な活動としてのロビーではなく、企業から公共性をもって発せられた声を出発点として、公正に、オープンなやり方で社会をよくしていくための“新しいロビー”のあり方を紹介している。
 日本人・日本企業は、これまでルールを守ることには長けてきた。無理難題をふっけられても、それを技術力でカバーしてきた。しかし、世界中でルール作りに意識的な国や企業がますます活動を活発化させている以上、ロビーの力を知り、正しく活用することができなければ、グローバルビジネスでは生き残れない。
 本書では、ロビーに遅れた日本企業がロビー活動を始めるためのポイントがやさしく解説されている。前提として、ロビーは経営マターであり、経営層と直結したロビーチームをつくることが必要である。そしてロビーチームは、「ビジョンとゴールの設定」、「ステークホルダーの洗い出しとターゲットの選定」、「ターゲットに応じた戦略の設定」という3つのポイントを押さえて活動する。
 また、自社がロビー活動を始めるための参考として、欧米を中心とした海外のロビー先進事例や、数は少ないが、日本企業や日本国内でのロビーの成功事例がケーススタディとしてまとめられている。
 本書は、企業がロビー活動をするための参考書としては国内初の書籍といえるだろう。既にグローバルビジネスをしている大企業だけでなく、日本市場が成熟する中で海外に販路を求めることが必要となる中小企業にとっても必読書である。加えて、国内市場で新たな産業や新たな事業を創造する目的においてもロビーは重要であり、新事業創造に取り組むすべての企業が手元に置いておきたい経営書である。
『ロビイングのバイブル』(株式会社ベクトル パブリックアフェアーズ事業部 著、藤井 敏彦 著、岩本 隆 著/プレジデント社)

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら