経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

第41回  「大黒柱に車をつけよ」ジャスコ(現・イオン)創業者 岡田卓也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 岡田氏は三重県四日市市にあった老舗呉服商「岡田屋」の七代目として産まれた。「大黒柱に車をつけよ」は「岡田屋」の家訓で、立地の良い場所、発展性の高い場所があったら迷わずに店舗を移すべきという意味。

 この言葉通り、これまでスクラップ&ビルドで環境の変化や消費者ニーズの変化に対応した新店舗を展開してきたイオン。一昨年12月に幕張にオープンした「イオンモール幕張新都心」が規模、品揃えの豊富さで郊外型イオンモールの集大成と話題になったが、昨年12月、岡山にオープンした「イオンモール岡山」は同社の新たな挑戦と話題を集めている。

 「イオンモール岡山」は同社が得意としてきた郊外型ショッピングモールとは異なり、多様な人々が訪れる駅前に出店、館内にホールや催事場、さらにはテレビスタジオまで設け、文化や情報の発信基地を目指すという。

 大黒柱の語源には諸説ある。その一つが富を司る恵比寿大黒にちなんで大黒柱となったという説だ。企業にとっては利益を生む事業はまさに大黒柱。変化の激しい現代のビジネス環境のなか、たんなる大黒柱ではなく、車のついた大黒柱を何本も持っていることが企業の発展を大きく左右しそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら