経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「判断が難しい時期の総裁はつらく、孤独なものである」日本銀行 元総裁 澄田 智

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

澄田氏は、1916年、群馬県生まれ。東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中・高等学校)、旧制第一高等学校を経て、東京帝国大学(現・東京大学)法学部に入学。卒業後は大蔵省に入省するが、戦時中のため、すぐに海軍経理学校に入校。従軍してセレベス島で終戦を迎えた。

戦後は大蔵省に復帰。銀行局長などを経て1969年から約2年間、大蔵事務次官を務めた。大蔵省を退官後、日本輸出入銀行(総裁)を経て日本銀行に。1984年、第25代日本銀行総裁に就任した。

ちょうどアメリカの対日貿易赤字が拡大していた時期。1985年のプラザ合意でドル高が容認されたことで、急激に円高が進んだ。澄田氏は、そんな状況への対応を迫られることとなった。大蔵省の要請などもあり、1986年、金融緩和へと舵を切った。

掲出はそんな苦境を経験した澄田氏ならではの言葉。決断を下さなくてはならない立場に立った時、程度の差こそあれ、どんな人も「苦しい局面ほど責任者は孤独だ」と感じているのではないだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら