経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「今の時代に、老人があまり張り切るのは、よろしくないと私は思う。老害と呼ばれる年寄り達は、いずれも高度成長期にバリバリと仕事をしてきた連中だ。だから、俄然、昔を思い出して、ああしろ、こうしろと言いたがるのだ。」日本郵船 元社長・元会長 菊地庄次郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

菊地氏は、1912年、宮城県仙台市生まれ。東京帝国大学(現・東京大学)経済学部を卒業後、日本郵船に入社。取締役営業部長、常務取締役、取締役副社長など を歴任。1971年社長就任を経て、78年会長となった。

社長就任後は保有タンカーを削減する一方で仕組船(外国のコストの安い船を使うこと)を増やすという合理化によって海運不況を乗り切った。また、航空貨物や電力用炭の輸送へと進出を果たした。 これは「菊地商法」と呼ばれ、不況時の見本的な経営方法とされた。

当時、仕組船はまっとうな船会社がやることではないと思われていた。また、海運業者の航空貨物輸送進出も非常識とみなされていた。それほど思い切った経営転換を行ったのである。

掲出は、1987年の会長時代に「先行きが不透明な時代なのだから、過去の価値観にとらわれない若い人に任せよ」との経営哲学を語ったもの。程度の差こそあれ、現代のビジネス社会も先行きは不透明。若者にこそ活躍の場を与えるべきだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら