経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「発展途上国を含めた世界の市場に目を向ければ、繊維産業はものすごく成長性の高い産業である。」東洋レーヨン(現・東レ) 元社長・元会長 前田勝之助

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前田氏は、1931年、福岡県嘉穂郡穂波村大字忠隈(現・福岡県飯塚市)生まれ。中学時代は戦時中の勤労動員に駆り出され採炭に従事し、発破作業も行ったという。

1948年に第五高等学校(現・熊本大学)入学。翌年、学制改革により大学の一部となった際、工学部工業化学科を選択する。卒業後は京都大学大学院工学研究科に進み、 1956年、東洋レーヨン(現・東レ)に入社した。

会社では技術畑を歩み、1985年取締役となる。その後、常務取締役を経て1987年に社長に就任した。

掲出は競合他社が「脱・繊維」を目指すなか、強力なリーダーシップを発揮して東レを「本業の繊維強化」によって成長に導いたことを振り返っての言葉。本業がいつまでも安泰とは限らない。成長戦略を立てるとき、安易な多角化に踏み切る企業は多いが、本業を見直せばまだまだ成長の余地が残されていることもある。安直な多角化は失敗に終わることが多いとも示唆しているだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら