経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「妨害はかえって私の闘志をかきたてた。社員に対して『社運を賭してこの事業を達成させなければならぬ』と決意を表明した。」大丸百貨店(現・大丸松坂屋百貨店) 元社長・元会長 北沢敬二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北沢氏は、1889年、山形県米沢市生まれ。東京帝国大学(現・東京大学)法科大学を卒業後、住友総本店に入社。住友電線支配人、住友倉庫専務、住友生命専務などを経て、1931年、住友本社常務理事になった。しかし、敗戦後の1946年、財閥解体で理事を辞任し、さらに翌年、公職追放措置を受けてしまう。

その後、大丸百貨店(現・大丸松坂屋百貨店)に入社。1950年、当時の里見純吉社長の要請を受けて3代目社長に就任した。東京店を出店した他、既存店の増築、海外進出などを行い、大丸百貨店を大きく成長させた。1963年には会長に就任する。その他、毎日放送、新大阪ホテル(現・リーガロイヤルホテル)の取締役、関西学院、大阪女子学園の理事なども務めた。

掲出は、東京進出の際、在京の百貨店が仕入先に圧力をかけてきたことを振り返っての言葉だ。

ビジネスの世界では、時にはライバルの妨害もあり得る。その時に諦めてしまうのか、かえって闘志を掻き立てられるか──まさに、リーダーとしての資質が問われる瞬間かも知れない。ぜひとも、断固たる決意と勇気を持って行動し、新たな道を拓きたい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら