経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「毅然して歩むには、誇りを持たなければならない。誇りを持つことは、相手を見下すことではない。常に礼儀を忘れてはならない。礼儀正しくということは、卑屈になることではない。その意味で、日本人は誇りを失いかけていないか。」レンゴー 元社長 長谷川薫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷川氏は、1924年、名古屋市生まれ。1941年、海軍兵学校に入校。終戦間際の1945年、陸上爆撃機・銀河に搭乗し沖縄のアメリカ艦隊に向けて特攻。撃墜されてアメリカの駆逐艦・キャラハンに救助された。キャラハンは後に別の特攻機によって撃沈されたが、乗組員と長谷川氏との交流は戦後も続いたという。

終戦後は1952年に学習院大学を卒業し、段ボールメーカーの聯合紙器(現・レンゴー)に入社。1984年に社長に就任した。

掲出は、若い人に歴史を勉強するように訴え、その中から日本人としての真摯な反省と毅然とした誇りが戻ってくる、と説いた言葉の一部。

日本企業が世界で活躍するためには、日本人としての誇りがその武器となる。人は歴史に拠って立つ。企業とて同じだ。自分や自分の勤める企業が、どこからきて、今どこにいるのか、そしてどこへ向かおうとしているのかを、きっちりと把握することが、仕事への意欲、延いては業績にもつながる。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら