経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「相手が信頼するに足れば、自らも信頼に値するものにならねばならぬとする努力、これが「相互信頼」の真髄である。」 日産自動車 元社長・元会長 川又克二

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川又氏は、1905年、茨城県東茨城郡上大野村(現・水戸市)生まれ。1929年、旧制東京商科大学(現・一橋大学)を卒業して日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行。大日本帝国陸軍主計幹部候補生を経て、日本興業銀行融資事業部長、同広島支店長などを務めた。

戦後の1947年、GHQの公職追放措置により、経営陣が払底した日産自動車に常務取締役として送り込まれる。その後、専務を経て、1957年、日産自動車の社長に就任した。プリンス自動車との合併を成功させ、日産自動車を業界2位の座へ押し上げたことなどから、同社の中興の祖といわれる。また、「セドリック」、「フェアレディ」、「ブルーバード」の名付け親でもある。

掲出は、1963年の日産自動車社長当時、労働組合との関係について語った言葉。

信頼関係とは、どちらか一方だけの想いでは作られない。もし、取引先や仕事仲間が信頼できないと思ったら、相手も自分のことを信頼できないと思っているかも知れない。大切な人なら、その人のことを信じ、自分を明け渡してしまえばよい。互いを信頼し尊重し合える関係は、相手を信じることから始まる。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら