経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「なんであれ目的をきちんと認識して、目的に合った行動をとる。これが正に「はかる」ということ、 目先の結果より「目的に合ったように動いているか」と常に自問することが必要だ。」横河電機 元社長 横河正三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横河氏は、1914年、東京市芝区(現・東京都港区)生まれ。父は横河グループの創業者、横河民輔氏。慶應義塾幼稚舎、中等部を経て、慶應義塾大学経済学部に入学。卒業後、横河電機の前身、横河電機製作所に入社した。

入社後はグループ会社の東亜鉄工所(現・横河東亜工業)、横河橋梁製作所(現・横河ブリッジ)で経験を積み、1938年、横河電機製作所に戻った。

しかし程なくして徴兵されると、予備士官学校を経て、陸軍主計少尉に任官。中国での旅団勤務に就くものの、1942年、病気により除隊し、会社に復帰した。

その後、川越工場総務部長、本社総務部長、常務取締役などを経て、1963年、ヒューレット・パッカードとの合弁会社として設立された横河ヒューレット・パッカードの初代社長に就任する。1974年には横河電機製作所の代表取締役社長に。また、ゼネラル・エレクトリック社との合弁会社横河メディカルシステムを、辰電機製作所との合併で横河北辰電機を設立するなど、会社の発展に寄与した。

掲出は、「物をはかる」計量器メーカーの経営者としての経営哲学を披露したものだ。とりわけ、人の上に立つ経営者やマネージャーにとって、こうした意識が大切と説いた。

「はかる」には、図る・測る・計るとさまざまな字が当てられるが、いずれも計画性と確実性に根ざした言葉だ。自らの目的を果たすには「はかる」ことが欠かせない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら