経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「会社の財産は“人間”である。 自己を捨てて会社のために尽くそうという人がたくさんいることは、私としてはほんとうに心強い。」北海道炭礦汽船(北炭) 元社長 荻原吉太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

萩原氏は、1902年、埼玉県蕨市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、三井合名に入社。1940年、後に北海道炭礦汽船(北炭)会長となった島田勝之助氏に誘われて北海道炭礦汽船へ移る。北海道炭礦汽船は社名に「汽船」の文字があるが、一貫して石炭鉱業を展開した会社だ。

常務取締役を経て、1955年に社長へ就任。政界に知人が多く“政商”とも呼ばれた。石炭業が斜陽化すると北海道不動産を設立するなどして、観光事業に参入、札幌テレビ放送(STV)を設立し、放送業界にも参入した。

掲出は北炭秘書部長時代、労働組合との対立が激化して重役が総退陣したことを振り返りつつ、自らの経営哲学を語った言葉。

最近は「人材」に「人財」の字を当てる企業も多い。経営資源としてよくあげられるのが「ヒト」、「モノ」、「カネ」、「情報」だが、「モノ」、「カネ」、「情報」をもたらしてくれるのはすべて「ヒト」。また、ヒトは、自分を捨てて何かのために取り組む時、無限大の可能性を発揮する。そんなヒトの力を信じてこそ、経営者たり得るのである。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら