経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「私は初心忘るべからずを座右の銘にしている。 私の言う初心とは百年前の創業者の志のことである。 創業者の精神をみずみずしく持ち続けてこそ、発展の機会がある。」明治生命(現・明治安田生命) 元社長 山中宏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山中氏は、1913年、東京生まれ。東京帝国大学(現・東京大学)卒業後の1934年、明治生命保険に入社。戦前は企画課に勤務し、投資方針、資金の配分計画、株式・社債銘柄の選定などを行う財務調査組織の構築に取り組む。その後、財務調査事務担当として財務課に異動する。

戦後、財務部長などを経て、1974年、社長に就任。大型保障保険の増設、個人年金の発売などを行う一方、海外の生保会社に資本参加し、生命保険の国際化にも尽力した。著作に『生命保険金融発展史』などがある。

掲出は、山中氏が明治生命の会長時代、歴史と伝統にあぐらをかくことなく、絶えず企業を発展させていくための経営者の心得を説いたものだ。

企業は時代に合わせて絶えず変化していかなくては、生き残ることができない。しかしいくら変わっても、創業者の志を忘れてはならない。創業者がなぜその法人を誕生させたのか、また、何のために自分たちは必要なのかという“存在意義”が明確でなくては、組織はその推進力を失ってしまう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら