経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「恵まれた人はケチに徹し、その分を社会に還元しなければいけない。 どケチはとてもまじめな考えなんです。」森下仁丹 元社長 森下泰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森下氏は、1921年、大阪府大阪市生まれ。森下仁丹創業者である森下博氏は祖父にあたる。京都帝国大学(現・京都大学)経済学部在学中の1943年、祖父が死去したため、森下仁丹の社長に就任。しかし戦争激化に伴い、同じ年に大学を繰り上げ卒業し、海軍主計見習尉官として海軍経理学校に入学する。そのため、会社は博氏の長女・森下次子氏(泰氏の母)と幹部社員を中心に運営されることになった。

戦後は、戦災により大打撃を受けた会社の再建に尽力。本社の焼け跡にバラックの事務所と工場を建て、まず粉ハミガキの製造を再開。1947年には仁丹の製造も再開した。その後、体温計、医薬品、製菓などへ事業を拡大し、同社の発展に寄与した。社長業の傍ら大阪青年会議所の設立に取り組み、日本青年会議所会頭も務めた。

掲出は新聞のインタビューの中で、悪ぶれることなく、独特なケチ精神を提唱した中での一節。

これは倹約の精神をいくらかユーモアを交えて語った言葉だが、日々の暮らしを質素にし、社会貢献活動のためには寄金を惜しまない考えを表したものと言える。人の本質は、その人のお金の使い方で分かる。どんなに社会的地位があろうとも、自分本位で心が貧しい人に対して、人は敬意を表さない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら