経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「明るい会社にするために不可欠なのは、公平な人事である。 適材適所、一番合った人を登用するのが、理解を得るうえで最善の道なのである。」コスモ石油 元社長 中山善郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山氏は、1914年、東京市荒川区生まれ。長野県上水内郡古間村(現・信濃町)で育つ。旧制長野中学(現・長野県長野高等学校)を経て福島高等商業学校(現・福島大学)に入学。卒業後、白石基礎工業に入社した。

1943年に大協石油へ転じ、副社長を経て、1975年に社長に就任。1980年にアジア石油を傘下に収めると1983年、同社社長へ。1984年に会長に就任し、精製部門のみのコスモ石油の社長も兼任した。そして1986年、丸善との合併によりコスモ石油を設立、社長に就任した。

趣味は絵画で、政経文化人展で総理大臣賞を受けたこともある。ほかに句集も出している。

掲出は、合併で社内の雰囲気が悪くなる中、社員をいかに「乗せた」かについて、会長時代にその時の苦労を回想して語った言葉だ。

合併時に限らず、公平な人事は、従業員が不安や不満をため込まないようにするために重要な要素である。

従業員一人ひとりの適性や個性を見極め、適材適所の人事を実現するには、日頃から思いやりの心を持って従業員と会話し、接することが大切だ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら