経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「欲のない年寄りの話に真実がひそんでいる。」ミサワホーム 創業者 三澤千代治

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三澤氏は、1938年、新潟県生まれ。日本大学理工学部建築学科にて建築工学を学んだ後、父親の経営する三沢木材に入社。1967年にミサワホームを設立し、自ら考案した「木質パネル接着工法」による住宅建築・販売事業を展開すると急成長を遂げ、33歳で当時最年少の上場会社社長となった。

因みに「木質パネル接着工法」とは、木質パネルを接着剤とスクリュー釘で組んで箱を作り、家にするというもの。現場の工数を削減できるとともに、面で過重を分散することで優れた耐震性を持つ。

掲出は、元経団連会長の土光敏夫氏の「石油がなくなるかも知れない」という言葉からセラミック系住宅資材を手掛けた経験と、ソニー名誉会長の井深大氏の教育論から子育ての視点に立った住宅の開発を思い付いた経験を回顧しての言葉。三澤氏の優れたアイデアは、偉大な先達の先見性と知恵から学んだものだったのだ。

確かに、一線から退き、後進に道を譲っている年配者の語る言葉には、個人的な思惑も少ない分、真実が多く含まれているかも知れない。「昔話なんて」と毛嫌いせず素直に耳を傾け、その若い感性と行動力に、人生の先輩たちの知恵を掛け合わせるべきである。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら