経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「派遣した人材は困難に挑んできて苦労し、腕も人物も一層磨いて帰ってくる。 こうして「利他」が「自他」となって結実していくのをみるのは楽しいものだ。」王子製紙 元社長 田中文雄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田中氏は、1910年、長野県佐久市生まれ。九州帝国大学農学部林学科を卒業後、王子製紙に入社、取締役、常務、副社長を経て、1968年、社長に就任。在任中に北日本製紙、日本パルプ工業の吸収合併に成功した。

1981年に会長となるが、翌年、病気療養中の市村修平社長に代わり社長代行に。1989年に相談役に退いた。

掲出は、会長当時、中越パルプ工業、東洋パルプなど、業界他社の再建のために自社の優秀な人材を派遣したことについて語った言葉。同業他社といえば、当然ライバル企業。当時は自社の人材を派遣して、再建の手助けをするなど思いもよらないことだった。

とはいえ、昨今のビジネスシーンでは、ライバル企業同士が助け合うことも珍しくなくなってきた。「情けは人のためならず」という言葉もある。先に富んだ者が、後で富む者を助けることで、自らの豊かさを確かなものへ育てる。また同時に、違う背景を持つ企業同士のコラボは、まさに“思いもよらない”ものを生み出す可能性もある。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら