経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「成功体験を捨てろと言うのはたやすいが、実行は難しい。新しく創造することは重要だが、より大事なことは如何に過去(の成功体験)を捨てるかだ。」ジャスコ(現・イオン) 創業者 岡田卓也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田氏は、1925年、三重県四日市市の老舗呉服商・岡田屋の7代目として生まれる。旧制三重県立富田中学を卒業後、早稲田大学に進学。大学在学中に学徒出陣で陸軍に入隊する。戦後復員すると戦時中に傾いた岡田屋の復興に取り組んだ。

1946年に岡田屋を株式会社岡田屋に改組し、復学していた早稲田大学に在籍したまま社長となる。卒業後、岡田屋の店舗を拡大、総合スーパーに業態を変えて売り上げを急増させた。

1969年には岡田屋、フタギ、シロの3社共同出資で共同仕入機構「ジャスコ株式会社」を設立。初代社長に就任した。その後、多くの小売会社をグループに加え、現在のイオングループの基礎を作った。

掲出は変革期にある流通業界において、経営者は少なくとも折り返しを過ぎた段階から次の世代のことを考える必要がある、との考えを示したもの。

成功体験は、人にも企業にも自信をつける。しかし、環境は時々刻々と変わっていく、いつまでも過去のやり方が通用するとは限らない。成功体験がかえってマイナスに作用することは多い。過去を捨ててこそ、身も心も軽くなり、新しい未来を切り拓ける。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら