経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「人事でむずかしいのは、潜在能力を見抜くことだ。課長で優秀でも部長で優秀とは限らず、部長で優秀でも役員で優秀とは限らない。軍隊で言えば、連隊長は任せられるが、司令官は務まらないということだ。」住友電気工業 元会長 亀井正夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

亀井氏は、1916年、兵庫県神戸市生まれ。東京帝国大学法学部を卒業後、住友本社入社。1946年、住友電気工業入社。1973年に社長に就任、1982年には会長に。

1981年から1983年まで第二次臨時行政調査会の第3部会長を務めた後、国鉄再建監理委員会の委員長に就任。

当時の国鉄は莫大な負債を抱えており、再建には大規模なリストラが必要だった。そのため亀井氏のもとには脅迫状や脅迫電話が相次いだ。しかし、亀井氏は「一人も路頭に迷う者は出さない」と明言、国鉄職員の再雇用に奔走した。

掲出は住友電気工業社長当時、企業における人材の育成、登用の難しさについて、自らの経験のなかから語った言葉。

ポジションが変われば役割が変わり、求められるスキルや能力も変わる。それまでと同じように活躍できるとは限らないのは、当然といえば当然だ。最近はAIを使って昇進や異動の参考にする企業もあるが、いつの時代も、生身の人間による血の通った判断がまったくの不要となることはないだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら