経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「竹は温暖なところでは節と節の間がのんびりと伸びてしまうので、強風や雪にあうと折れやすい。しかし風雪に耐える竹は節と節の間が狭く、がっしりと育ってたくましい。」本田技研工業 元最高顧問 藤沢武夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤沢氏は、1910年、東京市小石川区(現・東京都文京区)生まれ。三ツ輪商会という鋼材小売店勤務を経て独立、日本機工研究所を設立する。しかし、戦争の激化により会社を畳んで、福島県二本松町に疎開。終戦後も同地に留まり、製材業を営んでいた。

ある時、人を介して本田宗一郎氏と出会い意気投合したことをきっかけに製材業をやめ、上京、本田技研工業に入社した。以来、営業と財務を一手に引き受け、本田氏とともに同社を世界的な大企業へと育て上げた。

掲出は、経営が厳しい状況のなか新しい工作機械を購入して成長を試みた1953、1954年当時を振り返っての言葉。この時に購入した最新鋭の輸入機械は4億5,000万円もした。当時の資本金が6,000万円だったことを考えると大変な金額だった。

創業から順風満帆という企業はまずない。大企業であっても、過去何度かの危機を乗り越え、現在があるというところがほとんどだ。社内の結束を固め、危機を乗り切ったとき、組織は一層強くなる。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら