経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者のあの一言

「いつの間にか自分を忘れてしまうような経営者にはなりたくない。自分の相撲をとりながら、一番一番勝ちたい。」三井物産 元社長 江尻宏一郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江尻氏は、1920年、神奈川県横浜市生まれ。戦時中の折、東京帝国大学法学部を繰り上げ卒業し、父親が務めていた三井物産に入社。

その後は鉄鋼畑を歩み、1972年に豪州三井物産社長に。その後、専務、業務本部長兼副社長などを経て、1985年、社長に就任した。

社長就任後、三井物産マニラ支店長誘拐事件に遭遇。また、イラン・イラク戦争以来中断していた、イラン・ジャパン石油化学(IJPC)事業を、イラン政府へ清算金を支払うことで解決に導いた。

掲出は、贔屓の元横綱・大乃国が相手のペースにはまってしまうことが多く「いつも冷や冷やさせられる」として語った言葉。イラン・ジャパン石油化学の撤退などを踏まえ、あまり相手のペースにはまるべきではない、とした持論が込められている。

ビジネスの世界で交渉事は日常茶飯事。相手のペースにはまっていてばかりでは、時にはとんでもない約束をさせられることも。困難な状況でも自己を見失わず、冷静に、最優先事項を実行したいものだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連記事

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら